カフェマロン

美味しいコーヒーを紹介します。

インドネシア シマレン ローズマリー インフューズド ファーメイテーション:ローズマリーをインフューズドした珍しいコーヒーのお味は⁈

今回のコーヒーは、インドネシア シマレン ローズマリー インフューズド ファーメイテーションです。名前からわかるように、ローズマリー風味のコーヒーです。本記事では、いったいどのような方法で作られているのか、スイーツとのペアリング、おすすめのシチュエーションなどを紹介しています。
フルッタ・メルカドンのパッケージ

ブラジル・フルッタ・メルカドン:ブラジルでは珍しい、フルーティなコーヒー

今回はブラジルのフルッタ・メルカドンです。天然酵母を使って発酵させたコーヒー豆で、ブラジルでは珍しいフルーティーな味わいのコーヒーです。本記事では、コーヒーの味覚チャート、抽出温度とスピードの違いによる味わいの違い、スイーツとのペアリング、おすすめのシチュエーションなどを紹介しています。

ケニア ナンジャ AB:世界最大のパラグウィ農協で生産される高品質のコーヒー豆のお味とは?

今回は、ケニア ナンジャ ABです。優しい甘味とコク、適度な苦みと酸味のバランスがとれたコーヒーです。また、ほどよいボディなので、誰でも飲みやすいコーヒーだと思います。本記事では、ケニア ナンジャ ABの特徴、スイーツとのペアリング、おすすめのシチュエーションなどを紹介しています。

インドネシア スラウェシ トラジャ ミナンガ ウォッシュド:軽い飲み口なのに、しっかりしたボディとコクがたまらないコーヒー

今回は、インドネシア スラウェシ トラジャ ミナンガ ウォッシュドです。マンデリンのようなアーシーなコーヒーではなく、力強さや深いコク、甘味のバランスが取れた美味しいコーヒーです。本記事では、スラウェシ トラジャ ミナンガの特徴、スイーツとのペアリング、おすすめのシチュエーションなどを紹介しています。

インドネシア COE ランク7 ハニー アスマン アリントン:カップオブエクセレンス7位入賞の豆のお味は?

今回は、CEOで7位に入賞したインドネシアのハニー アスマン アリントです。ハニー アスマン アリントは、ハニー製法で精製されたフルーティなコーヒー豆です。本記事では、ハニー アスマン アリントの特徴、スイーツとのペアリング、おすすめのシチュエーションなどを紹介しています。

ケニア・アフリカン・ブーケ:厳選されたエリアから選ばれた豆をブレンドして作られたコーヒー

今回のコーヒーはケニア・アフリカン・ブーケです。特徴のあるカップを生み出すために、厳選したエリアから選ばれた豆をブレンドして作られたコーヒー豆です。本記事では、ケニア・アフリカン・ブーケの特徴や味わい、名前に付けれられたブーケの意味、スイーツとのペアリング、おすすめのシチュエーションなどを紹介しています。

グアテマラ・カフェ・ピューマ

今回のコーヒーはグアテマラ・カフェ・ピューマです。本記事では、コーヒー豆の栽培に適したこの地域が、コーヒーの名前にもなっているピューマとの関係や、グアテマラ・カフェ・ピューマとスイーツとのペアリング、おすすめのシチュエーションなどを紹介しています。

ホンジュラス・エルメリンダ農園・パカラマ・ウォッシュド

コーヒー豆の産地として、まだあまり知られていないホンジュラスですが、注目を集めつつある国です。そんなホンジュラスでは、どのようなコーヒー豆がつくられているのでしょうか。今回は、ホンジュラスのコーヒー豆の特徴や味わい、スイーツとの組み合わせ、おすすめのシチュエーションなどについて紹介します。

ケニア ジャングル エステイト:ケニアなのにジャングル⁈その名前の由来とは。

ケニア ジャングル エステイトは、高品質なコーヒーで有名なニエリ地区で栽培されているコーヒー豆です。また、この農園はレインフォレスト・アライアンス認証を取得しています。今回はケニア ジャングル エステイトの特徴や味わい、スイーツとのペアリング、おすすめのシチュエーションなどを紹介しています。

インドネシア マンデリン G1 リントン バタック ランド:大地の力強さを感じるコーヒー

インドネシア マンデリン G1 リントン バタック ランドは、肥沃な火山灰土壌で栽培された上質なコーヒー豆です。独特の風味を持つマンデリンのコーヒー豆の特徴や味わい、抽出温度の違いによる味わいの違い、スイーツとのペアリング、おすすめのシチュエーションなどを紹介しています。